オリジンの評判やお客様の声をお届けします。
オリジンの事を理解していただき、その良さをもっとたくさんの人に知ってもらいたいです。
ドッグフード オリジン アダルトの代謝エネルギーは、何キロカロリーは?
0
    こんにちわ、トップオブオリジン店長の植杉です。

    今日はオリジンの代謝エネルギーの話。

    オリジン アダルトの代謝エネルギーは、パッケージの裏を見ると・・・

    3900kcal/kg

    ええ!?
    と一瞬なりましたけど、単位が違いました。
    一般的な表示単位に直すと

    390kcal/100g

    ですね。
    390キロカロリーです。

    これはオリジンの原材料が80%肉原料であり、消化吸収率が非常に良い為、一般的な成犬用ドッグフードより、高めになってしまいます。

    そのため、給餌量は10〜15%少なめに設定されています。

    太り気味のわんちゃんは体重管理が気になるところ。

    カロリーが高く表示されていますが、オリジンは太りにくいんですよ。

    なぜか?
    ぶくぶく太ってくる脂肪太りの原因といわれているのが、穀類に含まれる炭水化物
    犬や猫の血糖値を上げ、太らせ、生活習慣病などの引き金にも・・・

    オリジンは穀類を含まない為、脂肪太りしにくいフードなのです。

    もちろん、与えすぎればオリジンでも太りますよ。
    勘違いの無いように・・・
    Posted by : | オリジンの栄養素 | 14:50 | comments(0) | -
    海外のオリジンでは詳細な成分が紹介されている
    0
      オリジンの製造元champion pet foods社ではオリジンの成分を国内のサイトよりも詳細に紹介しています。

      例えばオリジンパピーなら以下の通り。
      オリジンパピーの詳細な成分(海外製造元サイト)

      英語なので全く分かりませんが・・・
      これを輸入元のアカナファミリージャパンが翻訳してくれたのがこちら
      オリジンの詳細な成分表(PDFファイル)

      翻訳していただいてもこれを理解する頭脳が僕には・・・
      もっと勉強しないと。

      こういったデータを有効活用できるお客様。
      どうぞ、じっくりご覧ください。
      Posted by : | オリジンの栄養素 | 06:01 | comments(0) | -
      オリジンの炭水化物は何%が正解!?
      0
        オリジンの炭水化物の表記に対してお客様からこんな質問を頂きました。

        アダルトと6フィッシュの炭水化物の割合が本国と違うんですが?日本仕様は3%減なんでしょうか?

        僕も知らないことだったので早速カナダのチャンピオンペットフーズ社のオリジンのサイトを除いてみると・・・
        リンク先見れるかな?

        確かに違いますね。
        本国のサイトは
        Carbohydrate (max.) 25%

        国内の発表は
        炭水化物 22%

        どうなってるんでしょう?

        早速、アカナ・オリジンの国内総輸入元アカナファミリージャパンに問い合わせてみました。
        で、質問のコメントに回答した 僕のコメントが以下の文です。



        こんばんわ、早速海外オリジンと日本向けオリジンの違いについて確認しました。

        実は・・・・

        日本向けに炭水化物が・・・・

        減らされて・・・・・

        いないんです!!

        !!??!!??
        どういうことかと言うと、オリジン アダルトのパッケージ裏の英語表記の保証成分を見てみると・・・
        あれ!?英語表記のトコには炭水化物が書いてないぞ?




        あれ!?

        あ!
        フランス語のとこには22%がありますね。
        他の国の言語の欄にも炭水化物らしき22%があります。

        これ、アカナファミリージャパンに確認した所、”本国カナダのサイトが間違い”らしいです。

        マジで!?ってな話ですが、アカナファミリージャパンの社長さんが直接問い合わせて確認しているそうなので間違いなさそうです。

        でも、なんで英語表記のトコには炭水化物が書いてないんでしょうね?






        という事で、新しい疑問が1つ浮かんでしまいましたが、
        NEWオリジン アダルト と6フィッシュの炭水化物は22%
        これで間違いないようです。

        オリジン大好き さん、ご質問ありがとうございました!
        また1つ賢くなれた気がします。
        Posted by : | オリジンの栄養素 | 18:39 | comments(0) | -
        アラニン、プロリン、グリシン、アルギニン?
        0
          ドッグフード「オリジン」がどういった発想で作られ、なぜ「生物学的に適正」と謳っているのか。その辺りに関する資料が手に入ったので少しずつその全貌を紹介していきます。
          第78回目です。


          ■■■以下「オリジン白書」引用■■■

          ・灰分値が上がるにつれて、すべての肉骨粉サンプルにおいて、粗たんぱく質のアラニン、プロリン、グリシン、アルギニンの増加が見られ、そのうちプロリンとグリシンが最も増加しました。一方、粗たんぱく質の(アルギニン以外の)必須アミノ酸は減少しました。

          ・例えば、灰分が9%から63%に上がると、粗たんぱく質のリシン濃度は5.7%から4.0%に下がりました。

          ・肉骨粉のアミノ酸消化率に対する灰分(9%から44%)の影響は殆どありませんでした。肉骨粉のたんぱく質効率は、灰分が16%から44%に上がると3.34から0.72に下がりました。たんぱく質効率に対する灰分の影響の殆どはカルシウムとリン値の違いによるものではありませんでした。

          ・この実験結果から、灰分値が上がるにつれて肉骨粉のたんぱく質の質が下がった原因の殆どは、粗たんぱく質中の必須アミノ酸減少であり、アミノ酸
          の消化率減少ではないことが分かります(注22)。


          注22 郵便番号61801 イリノイ州アーバナ市イリノイ大学
          Animal Sciences学部所属Shirley RB, Parsons CM.著「肉骨粉のたんぱく質の質に与える灰分の影響」

          ■■■ここまで「オリジン白書」引用■■■
          Posted by : | オリジンの栄養素 | 07:42 | comments(0) | -
          ドッグフードの灰分とたんぱく質
          0
            ドッグフード「オリジン」がどういった発想で作られ、なぜ「生物学的に適正」と謳っているのか。その辺りに関する資料が手に入ったので少しずつその全貌を紹介していきます。
            第77回目です。

            ■■■以下「オリジン白書」引用■■■

            灰分とたんぱく質の質
            肉骨粉(MBM)の灰分濃度のアミノ酸構成への影響、真のアミノ酸消化率、たんぱく効率(PER;たんぱく摂取量に対する体重増加)を測定するための実験が行われました。

            ・灰分を16%から44%含む、レンダー処理された2種類の市販肉骨粉サンプルが使用されました。

            ・精密に給餌され盲腸切除されたオンドリを使用した真のアミノ酸消化率の分析結果と、雛鳥の成長のたんぱく効率分析結果(生後8日から18日の雛
            鳥にたんぱく質源として肉骨粉のみを使用し、粗たんぱく質10%含有のエサを与えた)から、肉骨粉サンプルのたんぱく質の質を測定しました。

            ■■■ここまで「オリジン白書」引用■■■

            測定しました。・・・で、明日はその続きです。
            なんだか難しい話ですねぇ。
            僕にもよく分かりません。

            一般人はよく分からないほど、オリジンはしっかり考えられて作られている!

            と、超応援型思考で捉えておきましょう(笑)
            Posted by : | オリジンの栄養素 | 07:51 | comments(0) | -
            ドッグフードの表示成分にダマされるな!!
            0
              ドッグフード「オリジン」がどういった発想で作られ、なぜ「生物学的に適正」と謳っているのか。その辺りに関する資料が手に入ったので少しずつその全貌を紹介していきます。
              第73回目です。

              ■■■以下「オリジン白書」引用■■■

              ドックフードを比べる際、表記されたたんぱく質量を信用してはいけない理由

              (注18)
              簡単に騙されないと思いますか?もう一度考えてみてください。

              ドックフードを比べる際、表記されたたんぱく質量を信用してはい
              けない理由」

              ドックフードを買うとき、パッケージに書かれたたんぱく質量を信用することは出来ないのです。
              本当に出来ません。何故ならば・・・。

              古い革靴、使用済みエンジンオイル、ひとすくいのおがくずがここにあるとしましょう。この3つをすり潰して、全部一緒に混ぜ合わせます。それで出来た混合物を食品検査所に出して分析してもらいましょう。

              このゴミの寄せ集めの分析結果は・・・

              たんぱく質32%
              脂肪18%
              繊維3%

              「生データ」だけからだと、この変な混ぜ物がいい物に思えませんか?むしろ、高品質ドックフードと同じぐらい良さそうです。
              革はたんぱく質、エンジンオイルは脂肪、おがくずは繊維となっています。
              あなたの犬にこれを与えようとは夢にも思いませんよね。

              さて、これでもまだ、あなたは騙されないと思いますか?


              注18 2009年3月28日Mike Sagman「健康的なドックフード選び。

              ■■■ここまで■■■


              例が大げさな気はしますが、確かにそうでしょうね。
              成分表示なんて当てにならない。
              悪いやつが やろうと思えば、どんな粗悪なドッグフードでも作れるということになりますね。

              結局は飼い主様の努力によって、犬自身の「毛ツヤ」「うんこ」「体調」などの状態をしっかりチェックする事が大事ですね。

              当たり前の事ですけど、それが確実です。

              人によっては成分表示なんて見た事なかった って事もあるかと思いますが、まぁそれも正解っちゃ正解なんでしょうか?

              Posted by : | オリジンの栄養素 | 05:58 | comments(0) | -
              たんぱく質の生物価
              0
                ドッグフード「オリジン」がどういった発想で作られ、なぜ「生物学的に適正」と謳っているのか。その辺りに関する資料が手に入ったので少しずつその全貌を紹介していきます。
                第72回目です。

                ■■■以下「オリジン白書」引用■■■

                たんぱく質の生物価


                アミノ酸組成に優れているたんぱく質源は生物価(BV)が高いとされます。
                生物価(BV)とは、ある特定の食べ物のうちの何パーセントを体が利用するかを測定するはかりです。簡単に言うと、体が特定のたんぱく質をどれだけ利用出来るかを表しているのがBVです。100%が最高値です。


                表1、たんぱく質の生物価(BV)



                食べ物生物価卵 (全卵)   100
                卵 (白身)    88
                鶏肉/ 七面鳥  79
                魚        70
                牛肉赤身    69
                無精米     59
                玄米      57
                白米      56
                えんどう豆   55
                丸粒小麦    49
                大豆      47
                全粒小麦    44
                トウモロコシ  36
                乾燥豆     34

                ■■■ここまで■■■

                非常に興味深い表ですね。
                たんぱく質を摂るにはどんな食材を使えばよいか?どんな食材を使ったフードが良いか?を判断する基準になりそうですね。

                ただ、あくまでたんぱく質に限って表されているものなので、例えば大豆なら残りの53%はたんぱく質以外の栄養素が詰まっているはずなので、「大豆はドッグフードには必要ないね」と考えるのはちょっと安易な感じがしますね。

                今日の話はあくまでたんぱく質に限って という話でした。
                Posted by : | オリジンの栄養素 | 07:17 | comments(0) | -
                たんぱく質の消化率(うんちのゆるいワンちゃん必読)
                0
                  ドッグフード「オリジン」がどういった発想で作られ、なぜ「生物学的に適正」と謳っているのか。その辺りに関する資料が手に入ったので少しずつその全貌を紹介していきます。
                  第71回目です。

                  ■■■以下「オリジン白書」引用■■■

                  たんぱく質消化率が高い食べ物とは、小さく吸収しやすい成分への分解が素早く簡単に出来る食べ物のことです。

                  ・必須アミノ酸と高い消化率、この2つの条件を満たすたんぱく質は殆どの場合動物性のものです。

                  犬と猫の短い消化器官では、植物性たんぱく質は動物性たんぱく質に比べて消化率が大変劣ります。

                  ・穀類豆類に多く含まれるトリプシン抑制剤は、ネズミと豚においてたんぱく質とアミノ酸の消化率を相当量(最高50%)下げます。  同じように、モロコシや豆類などの穀類に多く含まれるタンニンはネズミ、家禽、豚においてたんぱく質とアミノ酸の消化率を相当量(最高23%)下げます(注17)。

                  注17 カナダ保険省栄養研究部門栄養科学局バンティング研究所(AL: 2203 C)、Tunney's Pasture(Ottawa, ON, K1A OL2,CANADA)所属GILANI G. Sarwar、COCKELL Kevin A.、SEPEHR Estatira2005年著「非栄養因子が食べ物のたんぱく質消化率とアミノ酸利用可能率に与える影響」

                  ■■■ここまで■■■


                  消化することは重要な事ですね。
                  オリジンには動物性たんぱく質が多く含まれているため、穀類を多用しているフードに比べると消化率が高い=消化しやすいフードということになりますね。

                  フレンチブルやチワワ、ダックスフンドなど(その他の犬種でも同様ですが)いつもウンチがゆるい犬はドッグフードのたんぱく質の質を考えてみるといいかもしれませんね。
                  もしかしたら動物性たんぱく質を多く含むオリジンなら、下痢が日常的に繰り返される犬の便の状態を改善できる可能性があります。
                  一度、オリジンをお試しください。
                  Posted by : | オリジンの栄養素 | 06:09 | comments(0) | -
                  たんぱく質の消化率
                  0
                    ドッグフード「オリジン」がどういった発想で作られ、なぜ「生物学的に適正」と謳っているのか。その辺りに関する資料が手に入ったので少しずつその全貌を紹介していきます。
                    第70回目です。


                    たんぱく質の消化率


                    たんぱく質の消化率は、その質を決める重要なポイントです。
                    消化に悪いたんぱく質でできた食事には何の価値もありません。
                    消化率が高く、犬と猫の必須アミノ酸を含有している肉たんぱく質が最適です。

                    たんぱく質の消化率についてよく理解するにはまず、消化プロセスについて理解しましょう。

                    消化とは


                    食べ物が腸壁そして血流を通過出来る程度の小さな成分になるまで、段階を踏んで分解することです。



                    たんぱく質の消化率。
                    確かに食べてもキッチリ消化できないものでは食べている意味がありませんよね。

                    次回は消化のプロセスについて書いていこうと思います。
                    Posted by : | オリジンの栄養素 | 08:42 | comments(0) | -
                    犬や猫のの必須アミノ酸
                    0
                      ドッグフード「オリジン」がどういった発想で作られ、なぜ「生物学的に適正」と謳っているのか。その辺りに関する資料が手に入ったので少しずつその全貌を紹介していきます。
                      第69回目です。


                      食べ物のたんぱく質全体の品質を決めるのは必須アミ
                      ノ酸の含有率、バランス、そして質です。




                      今回はごちゃごちゃ書きません。
                      重要な事をドカンと書いてみました。
                      たまにはこういう感じがインパクトあっていいですね。
                      必須アミノ酸がいかに重要か?
                      Posted by : | オリジンの栄養素 | 05:38 | comments(0) | -
                      TOP