オリジンの評判やお客様の声をお届けします。
オリジンの事を理解していただき、その良さをもっとたくさんの人に知ってもらいたいです。
<< オリジンの半額セールについて。 | main | 犬猫の味覚って?最終話 >>
犬猫の味覚って?第5弾
0
    アカナファミリージャパン営業マンです。

    「犬猫の味覚って?」の続きの続きの続きの続きです。


    犬猫は肉食動物で、そして野生動物として生きてきました。
    しかし、人間と家族として生活し始めた長い年月が、野生動物との
    習慣を変化させることもあります。


    人間と生活をしているとほぼ規則正しい時間に食事が
    犬猫に出されます。
    朝8時に食べて、夜7時に食べて。。。
    いつもの時間に食べないと「飽きた」のかなと感じる方も
    いらっしゃると思います。


    しかし、野生で生きている肉食動物はどうでしょうか。
    毎日全く同じ時間を確認して獲物を襲い食事するということは
    ありません。

    自分が栄養を必要だと本能的に感じる時に、獲物を襲い食事とするのです。
    必要だと感じなければ襲う必要性もありませんし、充分満たされて
    いるのです。
    毎日食事を摂らずに数日空いて食事を行うことはよく見受けられます。

    *注*
    規則正しく食事をすることが「適当でない」ということでは
    決してございません。一例として挙げておりますのでご了承ください。


    「飽きた」のではなく「必要ない」ということが、野生動物には
    当てはまります。
    では、なぜ人間と生活している犬猫には「飽きた」と人間が思う
    行動が出るのでしょうか。


    「食べない」ことは動物には当然起こりうる現象なのです。
    そのことを理解することが大事になります。
    「昨日は食べたのに今日は食べない。違った食べ物を与えてみよう。」
    これではまた「飽きた」を繰り返してしまいます。


    「食べない」ことが何故起きているのかを理解し、家族の方々が
    見守ってあげることも必要なんです。
    フードを目の前にし「食事が必要」と本能的に思えばしっかりと
    食事をしてくれます。

    *注*
    どうしても食べない、水も飲まない場合は体調の異変を感じている
    可能性もありますので、病院で診てもらう必要がある場合もございます。
    あまりにも長い間食べない、水も飲まない場合はご注意下さい。



    「大切な家族だから。」という気持ちはよくわかります。
    だからと言って肉食動物に「適正」ではない食べ物を与えてしまうことは、
    体の不調や病気を引き起こす大きな要因となる可能性が大きいのです。


    続きはまた明日。。。

    Posted by : | アカナファミリージャパン 営業マン | 18:59 | comments(0) | -
    コメント









    TOP