オリジンの評判やお客様の声をお届けします。
オリジンの事を理解していただき、その良さをもっとたくさんの人に知ってもらいたいです。
<< ボストンテリアのドッグフードは何グラム? | main | オリジン シニアも送料無料でお届けします。 >>
犬は炭水化物を摂っても・・・ムダ
0
    ドッグフード「オリジン」がどういった発想で作られなぜ「生物学的に適正」と謳っているのか。その辺りに関する資料が手に入ったので少しずつその全貌を紹介していきます。
    第50回目です。

    ついに50回目を迎えました。
    まだまだ続きますよ。


    脂肪それとも炭水化物?エネルギー源として

    脂肪も炭水化物もエネルギー源となりますが、犬や猫の体内ではこの2つは全く違う働きをします。
    犬と猫にとって脂肪は必須栄養素ですが、炭水化物は違います。

    ・エネルギーをゆっくり作り出す脂肪に比べて、炭水化物は素早く酸化してエネルギー供給します。
    殆どの市販ペットフードの問題点は炭水化物を含有していることではなく、炭水化物を大量(40%から50%)に含有していることです

    ・人間が炭水化物を多量摂取した場合、筋肉グリコーゲンが増加しそれがスタミナ増加につながります。
    犬と猫が炭水化物を多量摂取した場合、筋肉中の乳酸蓄積が過剰になります。
    言い換えると、犬は人間が炭水化物を代謝するように脂肪を代謝します。
    彼らにとっては脂肪が燃料であり、最高の健康状態で活動するための不可欠栄養素なのです。


    ペットフードの問題点は「炭水化物が大量に入っている事」だと
    ですが、ペットフードの表示を見ても炭水化物がどれだけの比率で入っているかなんて知る事が出来ないですよね。
    原材料を見て推測する事になるんでしょうけど・・・

    やっぱり判らないので、オリジンを買ってください(笑)
    オリジン、おねがいしま〜す!!
    Posted by : | オリジンの原材料 | 05:52 | comments(0) | -
    コメント









    TOP